函館市・北斗市・七飯町のほか、北海道渡島・檜山管内介護事業の開業手続きは、わかば行政書士事務所にお任せください。

介護タクシーとは

介護タクシーとは

介護タクシー(福祉タクシーとも呼ばれます)とは、身体障害者や介護を必要とする高齢者など公共交通機関を利用できない等1人で移動することが困難な利用者を、スロープやリフトの設備が付いた福祉専用車両などを使用し、目的地まで運送する予約制のタクシー事業のことをいいます。

介護タクシーは正式には「一般乗用旅客自動車運送事業(福祉輸送事業限定)」といい、介護タクシー事業を始めるためには、営業所を管轄する運輸支局に申請をし、許可を得なければいけません。

介護タクシーと介護保険適用介護タクシー

介護タクシー「一般乗用旅客自動車運送事業(福祉輸送事業限定)」(4条許可)

介護タクシーには介護保険が適用されるものとそうではないものの2種類があります。

介護保険が適用されない一般的な介護タクシー(4条許可)では、福祉専用車両*を使用し、身体の不自由な利用者を目的地まで運送します。ただし、車両への乗降等の介助することはできません。また、料金についても一般的なタクシー同様全額利用者負担となっています。

※介護福祉士・訪問介護員などの資格者が乗務する場合は福祉専用車両ではなく一般のセダン型等の一般車両の使用が可能です。

介護保険適用介護タクシー「訪問介護員等による自家用自動車の有償運送」(78条許可)

一方、介護保険適用介護タクシー(78条許可)では、訪問介護事業所の訪問介護員などが利用者を運送しますので、車両への乗降の介助等の介護サービスを併せて行う事ができます。また、介護保険が適用されますので、利用者はサービス料金の1割の負担で利用ができます。ただし、利用にあたってはケアマネージャーが作成するケアプラン等に基づいて行う必要があります。

その他の介護タクシーサービス

特定旅客自動車運送事業(43条許可)

上記の介護タクシーサービスの他、訪問介護事業者が要介護者を対象に医療施設等との間の送迎輸送のみを行う介護タクシー(特定旅客自動車運送事業)もあります。
介護事業所の利用者のみの輸送となりますので、一般的な介護タクシーに比べ資金に関する条件や役員の法令試験など許可要件が緩和されています。

NPO法人・社会福祉法人等による自家用有償旅客運送(福祉有償運送)

NPO法人や社会福祉法人等の営利を目的としない法人の場合には、福祉有償運送と呼ばれる一般旅客自動車運送事業又は特定旅客自動車運送事業の許可取得を必要としない介護タクシーサービスもあります。

この介護タクシーサービスはタクシー等の公共交通機関では要介護者、身体障害者等に対する十分な輸送サービスが確保できないと認められる場合に、NPO法人、公益法人、社会福祉法人等が、実費の範囲内で、営利とは認められない範囲の対価によって、乗車定員11人未満の自家用自動車を使用して会員に対してドア・ツー・ドアの個別輸送サービスを行うことができます。

スポンサードリンク